いつまでも健康で若々しくあるために。

 

  • HOME »
  • 治療方針

治療方針

予防歯科医療を中心とした高品位な歯科医療

当院では予防歯科医療を中心とした高品位な歯科医療を提供すべく、先端的な歯科用高性能CTを完備し、欠損にはインプラントを積極的に行っています。
また、全ての患者様に安心して治療いただけるよう、スタッフ一同、誠意をもって対応させていただきます。何でもお気軽にご相談ください。

当院の特徴

世界水準の洗浄・滅菌システムや欧米では広く普及している光線力学療法に加えて、3次元診断が可能なCT装置、CT画像から金属アーチファクトを除去する装置、世界に先駆けて先行発売された白色のダイレクトクラウンの導入など多数です。

歯を失ったときの治療法 ~インプラントとは~

何らかの理由で歯を失ったときに行う治療法は大きく3つあります。入れ歯、ブリッジ、インプラントです。ここでは第3の歯といわれるインプラントについて解説します。

インプラント治療とは
インプラント治療

インプラント治療とは、生体親和性に優れたチタン製の人工歯根(インプラント)を顎骨に埋め込んで、その上にセラミックなどでできた人工歯を装着する方法です。入れ歯のように取り外したり*1、ブリッジのように隣の歯を削って負担をかけたりすることはないです。
インプラント治療には、機能性と審美性において天然歯同等まで回復するという特徴がありますが、メリットだけではなくデメリットがあることも知っておきましょう。

*1)インプラントを使って入れ歯を外れにくくする治療法もあります。

メリット デメリット
  • 天然歯同等の機能性と審美性を得られる
  • 残存歯の本数に関係なく治療可能
  • 残存歯に負担をかけない
  • 外科手術が必要なため、患者様に肉体的・精神的負担がかかる
  • 心臓病や糖尿病など患っていたり、顎骨が痩せていると治療できないことがある
  • 治療期間と治療費がかかる(健康保険が使えない)

 

当院のインプラント治療
インプラント模型

当院で行なうインプラント治療では、スウェーデンのノーベルバイオケア社とスイスのストローマン社で製造されている純チタン製インプラントを使用しています。ノーベルバイオケア社歯世界で最初にインプラントを製品化して発売した会社であり、ストローマン社は、チタンが劣化しないで供給する製品を世界に先駆けて発売した会社で、両社は世界のインプラント市場で一位、二位を占めています。
当院では 歯科用CTを使用し、そこから得られる3D画像を基にした精密な検査・診断、コンピューターを駆使したシミュレーション、必要に応じて患者様の顎骨の模型やサージカルガイド(インプラント埋入手術の際、ドリルの挿入方向や深さを決定するためのガイド)を作製するなど、多くの症例を手がけてきた経験と技術力により、患者様からご満足いただけるインプラント治療をご提供しています。
また、患者様のご要望に合わせて、歯科麻酔医による静脈内鎮静法*2も行っています。

*2)静脈内鎮静法とは鎮痛薬や向精神薬を静脈に直接注入し、麻酔状態をもたらす方法です。歯科治療での麻酔というと歯茎に注射をする方法が一般的ですが、これに対して強い恐怖を覚える人も多いものです。また、歯科治療そのものに対して恐怖を感じる人も少なくありません。静脈内鎮静法には精神の緊張状態を緩和させる効果があるため、こういった不安を解消することもできるのです。
治療中はぼんやりした状態になっており、治療中に起こったことを覚えていないことが多くなります。また、時間の感覚も麻痺するので治療時間が実際よりも短く感じるようにもなります。いつ終わるのか不安にさらされながら治療を受けるようなこともないのです。

インプラント治療の流れ

当クリニックでは、主に以下のような流れでインプラント治療を行なっています。

STEP1 全身の検査と口腔内の検査
インプラントSTEP1

全身の健康状態を問診から判断し、場合によっては医科の主治医に病状を問い合わせます。また、採血により生化学的検査を行います。
また、口腔内のレントゲン撮影、CT撮影、歯周病・噛み合わせの検査などを入念に行ない、これらの結果を基に、インプラント治療が患者様に適合する治療法か否かを検討します。

STEP2 治療計画の立案
インプラントSTEP2

患者様とよく話し合ったうえで治療計画を立案します。
歯周病などの問題がある場合には、この段階でその治療を先に行ないます。

STEP3 インプラント埋入
インプラントSTEP3

インプラントを顎の骨の中に埋め込む手術を行ないます。

STEP4 治療期間
インプラントSTEP4

インプラント埋入したことによる異常や、傷口の状態に気を配りながら、顎骨とインプラントが強固に癒着するまで治癒期間を設けます。治癒期間はおおよそ3~4か月です。ストローマン社のインプラントを埋入した場合は治癒期間はもう少し短くなる場合もあります。

STEP5 アバットメント装着
インプラントSTEP5

次にインプラントの頭部に(インプラントと人工歯の連結部となる支台)を装着します。

STEP6 人工歯装着
インプラントSTEP6

周囲の歯肉が治癒したら、アバットメント人工歯を装着します。

 

人工歯が破損した場合の対応

インプラントは、歯肉の中に埋め込むインプラントとその上の人工歯で構成されています。この2つが一体となっている1ピースタイプのものと、分離している2ピースタイプのものがありますが、当クリニックでは2ピースタイプのものを使用しています。つまり、人工歯が破損しても手術することなく交換できるということです。
また、当クリニックでは保証制度も充実しているのでご安心ください。

PAGETOP
Copyright © 2015-2018
東札幌緑の杜歯科クリニック
All Rights Reserved.